哀悼とお見舞いを申し上げます

10.15

 12日に本州を縦断した台風19号は広範囲にわたって河川の氾濫、土砂崩れ、突風などの甚大な被害をもたらし多くの方々が落命し、また避難生活を余儀なくされております。亡くなられた方々に哀悼の意を表すと共に、心よりお見舞い申し上げます。また、学校施設にもさまざまな被害をもたらし、休校となった学校も少なくありません。
 1日も早い復旧そして教育環境の整備を祈念申し上げます。

日本教育新聞社
代表取締役社長
小林幹長

日本教育新聞電子版 クレジットカード決済でのお支払い 記事検索データベース 住所変更のお申し込み

ページ上部へ戻る