あんしん財団 第8回 こども作文コンクール

はたらく人を応援する 第8回こども作文コンクール
「ありがとう」感謝の心を、未来へつなぐ。

対象:小学校

はたらく人を応援する、こども作文コンクール「ありがとう」感謝の心を、未来へつなぐ。(主催:読売新聞社、共催:一般財団法人あんしん財団、後援:文部科学省、公益社団法人 日本PTA全国協議会)は、今年で8回目を迎えます。回を重ねるごとに応募が増え、昨年は10,461点ものご応募をいただきました。

募集テーマ「身近なはたらく人へ、ありがとう」または「あこがれの仕事、かなえたい夢」のどちらかを選び、400字詰め原稿用紙3枚(1,200字)以内の作文を募集。小学1~2年生の部、3~4年生の部、5~6年生の部の3部門で審査し、大賞には賞状と図書カード5万円分が贈られます。大賞を含む入賞者は、11月6日(予定)に東京都内で開催される表彰式にご招待いたします。また、応募者全員に参加賞として、毎年好評のオリジナルノートをプレゼントいたします。

普段なかなか伝えられない身近な人への感謝の気持ちや、あこがれの仕事や夢について考える良い機会にもなります。応募期間は7月1日(木)~9月17日(金)となっておりますので、学習課題として、学校、学年、クラス単位で取り組んでみてはいかがでしょうか。

詳細は、あんしん財団ホームページ内でご覧いただけます。